まちセン インフォメーション

まちセン インフォメーション

はこまち通信 vol.50 掲載(2019年10月発行)

2019年7~9月に行われた催しと、お知らせです。

まちセン茶論〔7/9(火)・8/13(火)開催〕

移住者と函館市民の交流の場として開いています。事前予約不要、参加費無料。
お茶を飲みながら、ざっくばらんにお話しませんか?
次回開催は10/8(火)、11/28(木)、12/26(木)の予定です。

 

救命講習会〔7/20(土)・8/31(土)開催〕


AEDの使い方や胸骨圧迫などを学ぶ講習会です。
初めての方はもちろん、一度受講された方も再受講し、知識を深めましょう
「いざ」というときに対応できるよう、救命処置を身につけませんか。
要事前申込、参加費無料。
次回開催は10/23(水)、11/17(日)の予定です。

 

“災害に備える”情報ポスター展〔9/6(金)~9/30(月)開催〕


防災に関する2誌の内容を一部抜粋して掲示しました。
北海道胆振東部地震から1年。
改めて一人一人の防災意識を高めてもらえたら、という思いで開催しました。

“災害に備える”情報ポスター展」開催中!(2019.9)

 

まちセン☆フォトブース〔随 時〕

2019年7月facebookに掲載カラダ回復とフィットネススタジオ ぴんぴんあるく

イベントポスター・チラシ等をPRしたいみなさん、フォトブース前で撮影しませんか?
まちづくりセンターのSNSで発信しますので、ご希望の方はスタッフまでお気軽にお声がけください。

フォトブースでイベント告知しませんか?

 

移動サービス運転者講習〔10/24(木)からスタート 〕

『福祉有償運送』とは「身体障がい者」や「要介護・要支援の認定者」らを自家用車などで有償にて送迎することです。函館市でこの制度を利用できる方は3万人にものぼりますが、運転者の支援体制が追いついていない状況にありますことから『移動サービス運転者講習』を実施します。運転者を育成し、社会問題となっている『移動困難者』を地域で支えていければ、と考えています。ぜひ一緒に活動しましょう(参加無料、2日連続の講習です。定員各20名)。

① 10月24日(木)9:30~17:30/10月25日(金)9:30~12:00
② 11月20日(水)9:30~17:30/11月21日(金)9:30~12:00
・募集エリア/函館西部地区、戸井・恵山・椴法華・南茅部エリアにお住いの方が対象です。
・お申込・お問合せ/080-6093-6968(特定非営利活動法人 救命のリレー普及会 田中)

市民のための…福祉移動サービス

 


 

はこまち通信 vol.49 掲載(2019年7月発行)

2019年4~5月に行われた催しと、7月以降に行われる催しのお知らせです。

【4/19(金)】函館西部地区バル街

実行委員会のインフォメーション「バル街 i(アイ)」が
まちセン1階に設置され、にぎやかな一日となりました。
まちセンもイベントを盛り上げるべく、外観のライトアップを実施いたしました。
次回は9/1(日)です。詳細はバル街の公式サイトをご覧ください。
【バル街公式サイト】www.bar-gai.com

【4/27(土)~5/6(月)】SDGsクイズラリー

クイズに挑戦してくださったみなさんありがとうございました。
同企画をきっかけに「SDGsは自分たちの暮らしにかかわっている」ことを
実感してもらえれば嬉しいです。

◇クイズの一例◇

「日本で1年間で、食べられるのにすてられる食べものの量はどのくらいでしょうか?」
「A:100万トン以下」
「B:600万トン以上」 ☆正解は『 B 』 (←『 』の中をなぞってみてね)

【5/14(火)】まちセン茶論(サロン)

移住者の交流の場として開いています。
今年度より茅森が移住担当に加わりました。
谷口とともにみなさまのお越しをお待ちしております。
事前申込不要、参加費無料。

【5/23(木)】まちセン茶論(サロン)番外編


移住者を訪ねる特別企画第3弾は、
津軽海峡を一望できるカフェ「海と硝子(ガラス)」におじゃましました。
天候にも恵まれ、抜群のロケーションにみなさんうっとり。
お茶をのみながら楽しい時間を過ごしました。

【7/20(土)】市民救命員養成講座

3月からスタートした新企画も7月で最終回となります。お気軽にお問合せください。
非常時や災害時に対応できる応急手当・救命処置に関して、高度な知識と技能を兼ね備え
た「市民救命員」を養成します。

開催日: 7月20(土)
会 場: 函館市地域交流まちづくりセンター(函館市末広町4-19)
定 員: 10名
参加費: 無料
主催・申込先: 救命のリレー普及会(TEL: 080-8093-698)
詳細は5月に行われた講座のブログをご覧ください。
市民救命員を養成しました!(まちづくりセンター活動日記)
 


 

 

はこまち通信 vol.48 掲載(2019年4月発行)

2019年1~3月に行われた催しのご案内と、4月以降に行われる催しのお知らせです。

【2/9(土)】シーニックdeナイト2019


2008年より続いているキャンドルイベントに参加しております。
この日は風も穏やかで、アマチュアカメラマンや観光客の方、
地域の方などが、幻想的な風景を楽しんでいらっしゃいました。

【2/12(火)】まちセン茶論(サロン)

移住者の交流の場として開いています。この時季の話題と言えばやはり
『冬の過ごし方』。初参加の方も加わり賑やかでした。
『まちづくりセンター活動日記』でも詳しくお伝えしています。
※次回は4/9(火)、毎月第2火曜開催予定です。

【3/2(土)】突然死ゼロを目指して救命講習会

月に1度、AEDの使い方などの救命処置を学ぶ無料の講習会です。
再受講希望者も受け付けています。
この日は夫婦・親子での参加がありました。
次回は4/10(水)です。「いざ」という時のために覚えておきたいですね。

【4/20(土)スタート・新企画】『市民救命員』として活動しませんか?

昨年9月に発生した北海道胆振東部地震。
“災害は必ずやってくる”といわれ、日頃から災害に向けた準備や心構えなどが必要です。
地域住民が公助を受けるまでには各自の自助やお互いに助け合う共助が不可欠です。

非常時や災害時に対応できる応急手当・救命処置に関して、
高度な知識と技能を兼ね備えた「市民救命員」を養成します。

■ 市民救命員 養成講座
講座開催日: 4月20日(土)・5月18日(土)・6月15日(土)・7月20(土)
会場: 函館市地域交流まちづくりセンター(函館市末広町4-19)
定員: 各会・10名
参加費: 無料
主催・申込先: 救命のリレー普及会(TEL: 080-8093-698)
詳細はこちらからご確認ください

【継続中】いぶり基金への送金

北海道胆振東部地震の復興を支援する募金箱を2018年9/8設置し、
みなさまから寄せられた思いを届けております。
これまでに64,804円(10/1)46,450円(12/28 )
合計111,254円いぶり基金『北海道NPOファンド』宛に送金しました。
 


 

 

はこまち通信 vol.47 掲載(2019年1月発行)

2018年10~12月に、まちづくりセンターで行われた催しのご案内です。

【11/13(火)】まちセン茶論(サロン)番外編

移住者の交流の場として開いている「まちセン茶論」。
この日は船見町のカフェを訪問。日本茶を飲みながら楽しいひとときを過ごしました。

<ブログはコチラ

【11/9(金)】突然死ゼロを目指して救命講習会

月に一度、AEDの使い方などを学ぶ無料の講習会です。参加者には修了証をお渡ししています。
今後も毎月開催予定です。ご参加をお待ちしております。※次回は1月15日(火)です。

<関連ブログはコチラ

【11/6(月)・7(火)】NPOの基盤強化を本気で考える2日間!

東京、札幌から専門の講師を招いて解説。
市民活動・まちづくりに興味をお持ちの方が即実践できる内容でした。

<初日の様子はコチラ 2日目はコチラ

【11/15~11/30】さわってナットク! ダンボールグッズ

身近なダンボールや新聞を使い「アイディアや工夫次第で避難生活は変えられる」ことを形にしました。
アンケートも多数寄せられ、反響の大きさを実感しました。

<関連ブログはコチラ

【10/11~12/25】防災と備蓄を考える展示会


昨年9月の地震・停電を機に、まちセンでは防災情報の発信・提供に力を入れています。
第一弾としまして、三和防災無印良品シエスタハコダテのみなさまのご協力の下、停電時でも使えるライトや防災グッズの展示を実施しました。

スタッフの意識も高まりました。市内各所で実施されている研修や講演会にも積極的に参加するなど、それぞれが防災に関する知識を深めています。
地域のみなさまが安心して暮らすために何ができるのか。
これからも情報発信と知識の習得を続けてまいります。

<関連ブログはコチラ



PAGETOP
Copyright © はこまち通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.