[`yahoo` not found]
LINEで送る

先日のブログでもお知らせしていましたが、

11/17(金)~11/19(日)までの3日間、まちづくりセンター3Fにて

北海道の高校野球特別展」が開催されています。

会場には、北海道の高校野球に関わる資料や写真パネルが展示されています。

こちらは、2004年夏の大会で

駒大苫小牧高校が済美高校(愛媛県)と戦い、初優勝が決まった瞬間。

北海道勢として初の優勝を飾り、大きな感動に包まれました。

駒大苫小牧高校は翌年にも優勝、翌々年には準優勝というすばらしい結果を残しました。

こちらは3年前、2014年の夏の大会で東海大四高校の

西嶋亮太投手が超スローカーブを投げた瞬間。

当時、このスローカーブは話題になり、

観ると楽しい気持ちになったことを覚えています。

こちらは、1923(大正12)年に

夏の甲子園第9回大会に出場した、

旧制函館商業(現在の函館商業高校)のメンバーです。

94年前の写真もしっかり残っていました。

こちらは、2015年の春の大会で準優勝した東海大四高校のサインボール。

 

さらに、会場にはテレビを置いて、

北海道の高校野球に関する映像を流しています。

 

紹介した以外にも、貴重な資料が展示されています。

高校野球好きの方はもちろん、函館市民のみなさんも要チェックですよ!

 

北海道の高校野球特別展

 

日時:11/17(金)~19(日) 10:00~18:00(最終日は15:00まで)

場所:函館市地域交流まちづくりセンター

主催:朝日新聞北海道支社、(一財)北海道高校野球連盟

by わだ