まちづくりセンターでは、初の試み!
「移住とまちづくりのつどいin函館」を開催しました。

まちづくりセンターは、函館市のワンストップ窓口として、
函館市への移住を検討している方の相談や問い合わせに対応しています。

また、函館に移り住んで函館生活をより快適に、より楽しく暮らせるよう買い物や医療機関、
交通機関などの情報をご案内しています。

そこで、まちづくりセンターでは、移住者等を受け入れる団体など呼びかけ、
移住希望者のニーズやその街での暮らしぶりを知ってもらい、
団体間のつながりや欲しい情報について共有することにしました。

まず、初めに、北海道ふるさと移住定住推進センターどさんこ交流テラス
相談員の大貫絵梨さんに、北海道への移住希望者の最近の動向について、話してもらいました。

パネルディスカッションでは、移住者目線で見た函館の住みごこちと題して、
大西剛さん、蒲生寛之さん、池内美佐子さんたちを中心に、話し合いました。

当日は、雪が降り続き、大雪警報がでました。
1日に37㎝の雪が降り、12月にこれだけの雪が降るのは、1984年12月26日以来33年ぶりでした。

今回のつどいを振り返り、
ご回答いただいたアンケートをもとに、みなさんのニーズに応え、次回開催を検討していきます。

多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。
講師、パネリストのみなさま、ご協力ありがとうございました。

 

 

by  たにぐち