今月31日、函館駅前の老舗デパート棒二森屋

ついに閉店します。

その100年以上にわたる足跡をまとめた書籍

『棒二森屋物語 幕末から平成まで百五十年の歴史』の取扱いが

12日からまちセン1階のCafe DripDropで始まっています。

棒二森屋OBの小池田清六さんによる、創業時から近年までの歩みと

建物の外観や店内の様子、また大門地区の賑わいを感じる

貴重な写真で構成された読みごたえのある内容で

Cafe DripDropでも取扱い開始前から予約が入った話題の1冊です。

この本を読んでから棒二森屋へ足を運ぶと、階段などにも注目したり

本館7階の大食堂にも行ってみたくなるかも。

1冊1,000円(消費税別)で、市内の書店等でも購入できます。

また、電子書籍(税込756円)での取扱いもございます。

詳しくは発行元の新函館ライブラリのサイトをご覧ください。

 

By 中川