先月末に、
北海道立市民活動促進センター(公益財団法人北海道地域活動振興協会)主催の
移動サービス運転者講習を開催しました!

移動サービス運転者講習は、福祉有償運送に対応できる運転者を養成することを目的とし、
要介護者や障がい者などの一人で公共交通機関を利用することが困難な方への
移動サービス(ドア・ツー・ドア)を実施することで、移動困難者を地域で支えることを目指しています。

講習は2日間にわたり開催され、福祉有償運送のしくみ、
利用者の考え方や安心・安全に利用してもらうためには、どのように対応すればいいのか?
自家用車などを使用し送迎するので、メンテナンス、リスクマネジメントなど多岐にわたり学びました。

実際に車いすに乗って、福祉車両での移動を体験しました。
体験・体感することで利用者の気持ちを知ることができます。
その時に感じた思いなどを忘れないように今後に活かしていきたいですね。

利用者の体調の変化にも気づけるよう、
細心の注意をもって対応することの重要性を感じました。
備えとして、救命講習も実施し、胸骨圧迫などを体験しました。

丸藤センター長が参加し、2日間の講習を終え、
修了証を受け取りました。
今回の講習では、福祉有償運転者講習、セダン等運転者講習の2つを修了することができました。

今後について~
利用者が利用しやすい、運転者が活動しやすい環境を整えていき、
運転者の養成も継続してければ、より住みよいまちになりますね。

 

 

by  たにぐち