自治体広報誌『まちむら』に、はこまち通信「クーポラ」紹介(2021.3)


日が差し、
春が来たのかと勘違いしそうです。
春が近づいてきましたね。

さて、公益財団法人あしたの日本を創る協会発行の
自治会町内会情報誌「まちむら」153号が届きました。

まちむらは、自治会・町内会等の地域活動を活発にするために、
全国の優れた活動事例の紹介や地域づくりの今日的な課題などを掲載しています。公益財団法人あしたの日本を創る協会により年4回発行している情報誌です。


表紙は、岩手県陸前高田市の奇跡の一本松です。

特集は、東日本大震災から10年をテーマに
宮城県、福島県における地域での活動についてまとめられています。


地域のチカラコーナーでは、
小樽市の国際スポーツ雪かき選手権

論文コーナーでは、
住民自ら進める災害に強いまちづくりと題し、
さいたま市浦和区についての活動などが紹介されています。

お待たせしました!
次は、コチラ。

まちづくりセンターの広報誌、
「はこまち通信クーポラ」を紹介いただきました!

このコロナ禍において、
広報誌の内容を見直したこと、
たくさんの方よりアドバイスをもらい、
いかに実践していくかということについて、掲載しています。



最後にお知らせです。
自治会町内会情報誌「まちむら」では、
地域での取組や地域づくりへの提言や
団体の機関誌などを募集しています。

広く活動を知ってもらうチャンスです。
機関誌発行を手掛けているみなさまもチャレンジしてみませんか?

 

 

by  たにぐち