3/24から立待岬への市道が開通!(2021.3)


函館の日中の気温は10℃前後まで上がるようになり、
日差しがあると春を感じるようになってきました。

気温が上がってきたことで路面の凍結の心配も少なくなり
市内各所の冬期車両通行止め解除のお知らせが届いております。

函館山の麓、立待岬へ続く市道の冬期車両通行止めが
3月24日(水)の午前10時 に解除され、
自家用車などの車両で立待岬まで行くことができます!
(24時間通行可、道路状況や天候等により通行規制を行う場合があります。)

下記の赤い矢印の道路は一方通行になっております。
幅が狭い道路ですので歩行者などに注意して走行してください。
(画像をクリックすると大きく表示されます。PDF版はこちら

下の写真は昨年2020年3月に撮影した立待岬の写真です。

津軽海峡に面した立待岬からは、
天気がいいと本州・青森県の下北半島や津軽半島がご覧いただけます。

立待岬へは自家用車のほか
函館市電(路面電車)「谷地頭電停」で降り、
徒歩で約20分で着きます。

立待岬について詳しくは、函館市公式観光情報サイト「はこぶら」からご確認ください!

立待岬(はこぶら)

ぜひ、立待岬から見える津軽海峡や函館山の岩肌などをお楽しみください!

 

By 榎本