注目!函館市東部エリア(2021.8)


7月に「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産に登録されたことで注目される
函館市の東部地域戸井・恵山・椴法華・南茅部地区)。
2004年のいわゆる「平成の大合併」で函館市となった旧4町村エリアです。
この地域に特化したマップをご紹介します。

まずは「函館市戸井地域観光MAP」(函館市戸井支所産業建設課発行)


この表紙にいるのは、戸井イメージキャラクター「トーパスちゃん」です。
特産品のタコがモチーフとなっています。


晴れた日にはいい景色が見られる海沿いのまちで、マグロなどの
海産物も人気です。
函館市公式サイトではマップをダウロードできるほか、
観光スポットも紹介しています。

▶ 戸井地域観光MAP

 

こちらは「HAKODATE EAST AREA GUIDE」(函館市発行)


「椴法華・恵山・戸井エリア」「南茅部エリア」の2面になっており
それぞれの名所や飲食店が紹介されています。
こちらのマップは、函館市公式サイトからダウンロードできます。

▶ 函館市東部地域(戸井・恵山・椴法華・南茅部)観光素材データベース



縄文遺跡群に関するパンフレットなどと一緒に、まちづくりセンター1階で配布しています。
ご自由にお持ちください。


函館市縄文文化交流センターや縄文遺跡群を見に行かれた際には、
マップやパンフレットを活用して、函館市東部地域の新しい魅力を発見してみてはいかがですか。

 

By 中川