市役所で「防災とボランティア週間」パネル展(2023.1.16~20)


2023年1月16日(月)~20日(金)、市役所1階 市民ホールにて

「防災とボランティア週間」パネル展が開催中です。

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から28年。

防災やボランティア活動の認識を深めるため、今一度

防災意識を高めるためにもご覧になってはいかかでしょうか。

阪神・淡路大震災の被害状況や支援活動の写真。

東日本大震災の被害状況や支援活動の写真。

家庭で起きた火災状況の写真。

避難所用パーテーションの活用一例が展示されてます。

中にはエアーマット、ダンボールベッド、災害用毛布が入っています。

全て災害時、市内の避難所で実際に使われる物です。

自動ラップ式トイレ。

排泄物を一回ずつ個包装で密封してくれる電動式トイレです。

非常用仮設貯水槽。

災害時、避難所等に設置されます。

災害支援、訓練の模様等も紹介されてます。

市で備蓄していた飲料水を、保存期限が近いため配布しています。

お一人様2本まで(保存期限2023年4月まで)

 

実際にも近年、地震や豪雨等による自然災害が多く発生しています。

函館市も2018年9月に北海道胆振東部地震による停電、

2022年8月には警戒レベル4の大雨で停電や床上浸水等の

被害を受けました。

またいつ災害に見舞われてもおかしくないという意識を持ち、

すぐに対応できる準備をしておくことが大事ですよね。

 

「防災とボランティア週間」パネル展

場所:函館市役所 1階 市民ホール

期間:2023年1月16日(月)~20日(金)

(パネル展・防災等に関するお問い合わせ)

函館市役所総務部災害対策課 

電話:0138-21-3648
 
(ボランティアに関するお問い合わせ)
 
函館市社会福祉協議会
 
電話:0138-23-2226
 
 
 
by.よしだ

防災関連リンク

SNS