むかしの箱館と今の函館


これは、昔の箱館を表した絵地図です。

現在まちセン1階で、「はこだての古絵地図」の展示が行われています。

この展示を手掛けたのは「箱館写真の会」代表の野戸さんです。

「箱館写真の会」さんといえば、昔の写真でおなじみですが

今回の絵地図をメインにした展示のきっかけは、

昔の建物について調べるうちに、その建物が火事などで

移転していたことを古絵地図を通じて知り、その面白さを知ったそうです。

絵は、写真ができる前の情報伝達メディアだったのですね。

 

会場では、古絵地図のコピーを見ることができます。

レンズ(なかなか分厚くて重たい)を使って

細部を拡大して見てみましょう。

町名など、今の函館との違いを発見するのも

楽しいですよ(目が疲れますが・・・)。

また、400円以上のカンパをしていただくと

冊子「函館は写真の街だった」が1冊いただけます。

この展示は17日までの開催です。

(10日からは、展示の入れ替えもあります)

 

By 中川