[`yahoo` not found]
LINEで送る

北海道・青森県・岩手県を管轄する

在札幌ロシア連邦総領事館は、今年開設50周年です。

それを記念した写真展が、まちセンで開催されています。

 

ロシア連邦総領事館は、1858年から1944年までは

函館に置かれていました。

こちらは、市内船見町にある旧ロシア領事館の建物です。

この建物は、1906年に完成したものの

翌1907年の大火で延焼し、1908年に再建されたものです。

1989年には函館市の「景観形成指定建築物」に指定されています。

 

現在の函館は、ロシアのユジノサハリンスク市・ウラジオストク市の2市と

姉妹都市提携を結んでおります。

また、2003年には在札幌ロシア連邦総領事館在函館事務所

開設されました。

今につながる日本とロシアとの長い交流の歴史を

知ることができる写真展です。

 

在札幌ロシア連邦総領事館開設50周年記念写真展

8月8日(火)まで 9:00~21:00 まちセン1階にて開催中

 

また、8月8日(火)には市内元町の

ロシア極東連邦総合大学函館校ロシアセンターにて

小学生を対象にした「夏休みマトリョーシカ絵付け体験教室」が

開催されます。

お問い合わせはロシア極東連邦総合大学函館校事務局(0138-26-6523)まで。

 

By 中川