皆さん、こんにちは!
ちょっぴり肌寒く感じる、今日の函館です。

私は、まだ見ていないのですが最近
雪虫をみたよー」といった話を聞くように
なりました。
初雪がふるのも近いのでしょうか?

9月27日(木)
札幌のかでる2.7にて開催された
「市民活動中間支援センター研修会」に
まちセンより、かやもりが出席しました。

この研修も3回目、折り返し地点となりました。
3回目となる今回のテーマは
『NPOの基礎』・『協働』についての2本立てでした。

 

午前の部
『NPOの基礎』では、
NPOに関する用語や法人格を取得することのメリット
・デメリットを講義いただいたあとに、
NPO法人の設立や運営などについて学びました。

この研修の内容は、私たちがいる
函館市地域交流まちづくりセンターの活動の1つとも
深い関係があります。

市民活動とは、
営利を目的としない、市民が自発的に行う、公益的な活動。 』
のことで、まちセンでは市民活動を支援することが大きな役割の1つです。

< 用語確認のコーナー >
・営利を目的としないとは
→ 利益を分配しないという意味です。
   例)団体が行う活動が上手くいって、
     利益がでた場合は、そのお金を
     『次の事業に使って
    
社会貢献する』 のは、
     利益の分配にはあたりません。
・公益的な活動とは
→ 特定の対象ではなく
  広く多くのもののため
  活動のことです。
   例)『質の高い介護を考える会』など
     『対象を限定していないもの』
    
が該当となります。

 

午後の部
『協働』の講義では企業との協働について学びました。

協働する相手が「自分たちに何を求めているか」
「事業を行うにあたり何を目的としているか」について
聞き取りを行うことが大切であること。
また、相手によって質問の仕方や重点を置くべきポイントを
変化させることが必要であることを再認識しました。
それらを踏まえて、実際にワークショップを行いました。

まだまだ、勉強しなければならないことが
たくさんあります!

 

コチラから各回の研修会の様子を
↓↓  見ることができます  ↓↓

第1回目 【テーマ:会議】

第2回目 【テーマ:広報】

第4回目 【テーマ:NPO支援】

第5回目 【テーマ:NPOの会計・ファンド
 レイジング】

by かやもり