北海道坂本龍馬記念館主催の

「全国龍馬書道コンクール」

第5回目の今年も、作品の展示がまちセンで始まっております。

全国のお子様から一般の方までの

応募総数1313点の中から、特に高い評価を受けた

入賞作品23点を展示しています。

北海道150年の今年は「北海道みらい事業」として開催しており

明治維新または北海道の歴史に関する人物名や言葉が

題材に指定されています。

いつもながら、どの作品も筆運びの力強さや

文字の美しさに感心させられます。

小学校・中学校時代に習字が苦手だった身としては

何をどうしたら、こんな上手に書けるのか不思議です。

「何が違うの? 筆?墨?硯?文鎮???」と

訊きたくなってしまいます。

でも上手な方は、道具などではなく心構えなど根本的な面から

鍛えられているのでしょうね。さすがです。

来月9日(日)まで開催されておりますので、皆さんも

ぜひご覧ください。

 

第5回 全国龍馬書道コンクール 入賞作品展

2018年11月13日(火)~12月9日(日)

函館市地域交流まちづくりセンター1階(末広町4-19)

 

By 中川