函館洋蘭倶楽部主催の
「春の洋蘭展示会2019」が2階多目的ホールではじまりました!

函館洋蘭倶楽部は1956年の発足で今年で53年目をむかえ、
北海道の洋蘭倶楽部の中では最古の倶楽部です。
現在、会員35名で活動中です。
会員さんは1人平均して約50種~150種、
多い方だと約300種類!の洋蘭を育てているとのことで驚きです。

今回の展示は約90鉢が会場に並んでいます。
例年、洋蘭展示会は、これまで美原にありました亀田福祉センター(現在:亀田地区統合施設建設中)で
毎年3月に開催されていた展示ですが、
まちセンでは4月開催となったことで、いつもと異なる種類の花を楽しむことができます。

種類のひとつ、パフィオペディラムは男性が好む傾向があるそうです。


天井に届いてしまいそうな(届いている?)くらい
背の高い種類もあります。

興味をお持ちの方が次々と会場に足を運んでいます。


今流行りのハーバリウムも。


蘭の香りは2F会場だけにとどまらず、
なんとまちセンの3Fにまでフワ~っと届いて香っていました。


会場の1画には肥料の販売もあります。
肥料が大事!ということで、
肥料のあげ方についてアドバイスをもらえそうです。

 

また、14日(日)14時からは札幌「えるむ花園」川面豊樹氏を迎えて
「ランの花を自宅で咲かせる栽培管理の方法」の講習会も開催されます。
入場無料です。

どうぞ春の訪れを感じにご覧になってみては
いかがでしょうか。


春の洋蘭展示会

日時:2019年4月12日(金)~4月14日(日)9:30~17:00(最終日は16:00まで)
場所: 函館市地域交流まちづくりセンター 2F多目的ホール(末広町4-19)
入場無料
主催・問合せ:函館洋蘭倶楽部 090-7050-3855

By おおや