まちづくりセンターの広報誌
はこまち通信クーポラvol.50
9月末日発行いたしました。

おかげさまで50号となりました。
これまでお世話になりましたみなさまに
改めて感謝申し上げます。

最新号の表紙フォトは、7月28日(日)に行われました
NPOまつりの様子です。

はこまち通信クーポラは
函館山の麓、西部地区から
『函館のまちづくりを考える』をコンセプトに
年4回、3ヶ月ごとに発行しております。

Webページも本日公開いたしました。
http://hakomachi.com/cupola/

函館以外にお住まいの方や
広報誌の入手が難しい方は
Webページ『はこまち通信クーポラ』
どうぞご覧ください。

特集ページは7月28日(日)に開催した
「第15回 NPOまつり」
同時開催
「まちセン夏休み工作フェスティバル2019」
についてご紹介しております。

SDGs(エスディージーズ)の視点を取り入れた
初のNPOまつり。
ゲームコーナーの盛り上がりの様子や
今年の参加団体の中で
一番多かった目標も発表しております。

市民活動団体のご紹介は
『NPO法人 地域支援グループ くりの木』です。

このほか『チームもみの木』の取り組みや
移住サポートセンター(まちづくりセンター内)が
月に一度開いている
『まちセン茶論(サロン)』のご案内など
盛りだくさんの全8ページとなっております。

『はこまち通信クーポラ』
まちづくりセンターのほか
函館市内の公共施設等で配布中です。

見かけましたらぜひ
お手に取ってご覧ください。

 

by くきさわ