まちづくりセンターでは年に2回、防災避難訓練を実施しております。
本日10/31、開館前を利用して訓練を実施しました。

1Fのカフェ「Drip Drop」で火災が発生したと想定。
館内にけたたましい警報音が鳴り響くなか、
スタッフが消火器を使って初期消火にあたります。

 

別のスタッフは館内を巡回。
大声で入館者への避難誘導を行います。
「エレベーターは使わないでください」


別のスタッフは入館者に向けて
館内放送を繰り返します。
「屋外駐車場に避難してください」

119番通報しましたスタッフ茎沢が
動揺して自宅の住所を伝えそうになり
訓練の大切さを改めて実感しました。

初期消火に失敗し、119番通報したことを
センター長の丸藤に報告。
避難誘導を完了したら
最後は自分の身の安全を確保します。

いつ何が起こっても、どのスタッフでも
迅速に対応できるようにしていきます。

まちづくりセンターは
昭和9年3月21日に起こった
函館大火の被害にあった建物を
リノベーションしています。

お客様に、建物の歴史をお話するなかで
火事の恐ろしさを伝える場面もありますことから
これからも訓練でスタッフの防災意識を高め、
不測の事態に備えてまいります。

 

 

by くきさわ