今日から、まちづくりセンターでスタートした
第14回・世界に一冊だけの本・展
入場無料。11月26日(火)最終です。

前日までの会場は、五稜郭にある函館コミュニティプラザGスクエア。
11月15日~20日まで開催し、6日間で500人以上の方が来られたそうです。

2019年は110の個人・団体が出展。
全157冊が並びます。
出展者は2歳~91歳までと幅広く、
お住まいも、函館はもとより近隣市町村、
札幌・釧路、本州の方もいらっしゃるそうです。

本といってもさまざまな素材や形がありますね。

主催者さんにお話をお聞ききしましたところ
「毎年出展している方もいらっしゃいますし
 この『本展』を目標に、一年かけてじっくりと
 本づくりに取り組む方もいらっしゃいます。」
とのこと。

本を作ることで・・・

形に残すことができます。
後でくりかえし手にとって読むことができますので
作成当時の気持ちや思いを振り返ることができます。

親子や団体で作ると、コミュニケーションが増えます。

この『本展』に毎年『出展すること』が目標になれば
生きがいや、やりがいを感じることができます。

このブログをご覧になって興味を持たれたみなさん、
次の『本展』に向けて、本を作ってみませんか?

とはいえ、ハードルが高そう、、、
と思った方には、こちらのコーナーをどうぞ。

どなたでも気軽に出展してもらえるよう
初めての本づくりに役立つ関連書籍があります。

今年もたくさんの本が並びました。
椅子もあります。
お手にとってじっくりとご覧ください。

 

第14回・世界に一冊だけの本・展(会場:函館市地域交流まちづくりセンター)
日時: 2019年11月21日(木)~11月26日(火)10:00~17:00
(最終日は、14:00まで)
入場無料
交流会: 2019年11月26日(火)14:00~
場所: 函館市地域交流まちづくりセンター

 

 

by  たにぐち くきさわ