今日から、まちづくりセンターでスタートした
第14回・世界に一冊だけの本・展。11月26日(火)までの開催です。

昨日まで、五稜郭にある函館コミュニティプラザGスクエア
11月15日~20日まで開催し、500人以上が来られました。

110の個人・団体が出展し、157冊が並びます。
作成者は、2歳~91歳までと幅広いです。

函館はもとより、近隣の市町村、道内では、札幌・釧路、
本州からも出展されています。

主催者さんに話を聞くと、毎年出展している方もいて、一年をかけて作成にあたり、本展を目標に、完成させる、形にできたという喜びを感じていると作成者の気持ちを教えてもらいました。

 

本を作ることで・・・
形に残すことができます。
後で読むことができ、作成当時を振り返ることができます。
親子や団体で作ると、コミュニケーションが増えます。
絵本をつくるきっかけとして、出展することを目標にできます。
考える力、生きがいややりがいを感じることができます。

本展に本を出展してみませんか?

気軽に出展してもらいやすいように、
本を作成するには?という本や道具もあり、見ることができます。

たくさんの本が並びますので、
ぜひご覧ください。

 

第14回・世界に一冊だけの本・展
日時: 2019年11月21日(木)~11月26日(火)10:00~17:00
(最終日は、14:00まで)
交流会: 2019年11月26日(火)14:00~
場所: 函館市地域交流まちづくりセンター

 

 

by  たにぐち