昨日12月4日(水)に、この冬最初の「真冬日」が観測されました。
(12月4日の最高気温は-1.3℃でした)

「真冬日」とは「最高気温が0℃未満の日」、
「冬    日」とは「最低気温が0℃未満の日」です。

函館は昨日からの積雪で雪景色に!
約20cmの積雪で、まちセンの除雪機も初出動しました。

まちセンの建物・3階の上にある半球状の屋根「クーポラ」
普段は青銅の緑青色ですが、白い帽子を被った様に雪化粧されました。

まちセン正面玄関前、除雪後の歩道の様子です。
この後気温が下がると、路面が滑る場合があります。
歩行の際はご注意ください。

左側に見える「アクロス十字街」がある十字街の交差点には、
すべり止め用の「砂」を配布するために「砂箱」が設置されています。

十字街交差点の四つ角に設置されています。

この砂箱には「ペットボトル容器」に入れられた「砂」が設置されています。
(設置場所によっては「砂袋」が用意されている場合もあります)

凍結路面に撒くことによって、すべり止めの効果があります。
この様な砂箱は、南部坂や二十間坂などの斜面にも設置してあります。

南部坂は現在、車道・歩道のロードヒーティングの工事中です。(※)
「函館山ロープウェイ山麓駅」へ向かう坂道も、
まもなく歩きやすい路面に生まれ変わると思います。
( ※2019年12月5現在、ロードヒーティングは南部坂の一部を除いて施工予定です)

すべり易いツルツル路面には、
市販されている靴にワンタッチで取りつけて使える「すべりどめ」も効果的です。
「函館市公式観光情報サイトはこぶら」で紹介されていますので
この冬、函館に訪れる予定の方は参考にしてみてください!

すべらない&暖かい、冬の街歩き安心グッズ (函館市公式観光情報サイトはこぶら)

 

明日・明後日と、真冬日の予報となっております。
寒さが続きますので、体調などお気をつけください。


by えのもと