昨日に引き続き、10/31に開催した
『災害時に知っておきたい トイレの備え』
第2部の内容をレポートいたします。

第1部では、NPO法人日本トイレ研究所・代表、加藤篤さんによる講演と
参加者のみなさんに「携帯トイレ」の実用をしてもらいました。

▼ 第一部の内容はこちら

災害時に知っておきたいトイレの備え【第1部】(2020)

第2部のワークショップでは、
実際に携帯トイレを使ってみた感想や、
今後「安心して携帯トイレを使う時に必要なもの」について
グループ毎に分かれて意見を出し合いました。

 

『携帯トイレを使ってみた感想』の一部

  • 子どもと一緒に体験したい
  • 使い方や後始末も簡単だった
  • 停電時は暗い場所だと使うのに大変、 非常用の照明が必要
  • 和式トイレだと使えない
  • 吸水シートの吸水能力がよかった

『安心して使うために必要なもの』の一部で

  • トイレの係・担当者をおく
  • 和式トイレの場合 → 折り畳み便器などが必要
  • 手すりの設置
  • 携帯トイレの使い方を事前に学ぶ
  • 携帯トイレの使用例、片付け方の掲示や説明会の実施
  • 使用後の後片付けのルールを設ける
  • 使用後の汚物の保管・管理方法
  • 停電時、トイレの中の照明器具
  • トイレットペーパー(備蓄)
  • 手洗い用の水や消毒液、除菌シートなどの衛生用品


なかなか使う機会がない「携帯トイレ」ですが、
実際に使用してみることで、
「携帯トイレ」の重要性や不便なところに気が付き、
それぞれの立場で、災害時のトイレの備えについて
何をすべきかを学べたかと思います。

グループ毎の「携帯トイレを使ってみた感想」、
「安心して使うために必要なもの」の意見・アイデアを板書した画像を
ページの一番下に掲載しておりますので、ぜひご確認ください。

「携帯トイレを使ってみた感想」・「安心して使うために必要なもの」

加藤さんからの『携帯トイレを使用する際の留意点』として、
以下の点について解説がありました。

  • 窓の有無
  • 照明の確保(トイレへの誘導灯も)
  • 内開き扉の対応
  • 使用済みボックスの設置
  • 使用方法の掲示
  • 手指消毒剤の設置 など

最後に、受講者へ向けて『絶対にやってほしいこと』
5つあげてくれました。

  1.  家族・地域でトイレについて話し合う
  2.  携帯トイレを備える
  3.  照明、ぺーパー、手指衛生も備える
  4.  1度は試してみる
  5.  「もしもトイレがなかったら」を読んでください!
     ※ 加藤篤さん著作の児童書「もしもトイレがなかったら」が、
       11月末に少年写真新聞社より出版されます。


今回の講座では、
災害時の備えとして「携帯トイレ」について学びました。
ぜひ、ご家庭や職場にも「携帯トイレ」を備えてください。
そして平時のうちに一度は実際に使ってみて、
使い方や跡片付けを体験してみてください。


講師の加藤篤さんは、ニュースサイトやTwitterなどで
日頃から「トイレ」について様々な話題を発信していますので、
興味のある方は、チェックしてみてください。

 

 

 

By 榎本


ホワイトボードの上段が「携帯トイレを使ってみた感想」、
下段が「安心して使うために必要なもの」の意見・アイデアです。