まちづくりセンターがある函館山の麓、西部地区は
昨日のプラス気温でとけた雪が凍って
一部、ツルツル路面となっております。

みなさま、どうぞ足下にお気をつけて
路面状況にあわせてご通行ください。


昨夜2月6日(土)のまちセンは毎冬恒例、
冬のあかりイベント「シーニックdeナイト2021」でした。



こちらでもお知らせしましたとおり
2月6日(土)17:00~18:30までの約90分にわたって
てづくりのワックスキャンドルにあかりをともしました。

1923(大正12)年に建てられた呉服店(デパート)をリノベーション。
2007年より函館市地域交流まちづくりセンターとして生まれ変わった
特徴的な建物を、やわらかな光で包み込みました。

2018年9月より休止している外観ライトアップ
このイベントにあわせて特別に実施しました。

17:00頃はまだ空が明るいですね。

17:30頃。すっかり暗くなりました。

西部地区で実施中のライトアップイベントとあわせて
楽しまれた方もいらっしゃいました。

2021年は風も弱く、気温も例年より高めで
キャンドルナイトにピッタリのコンディション。
手袋なしでも余裕で写真撮影できました。

建物の屋根に積もった雪がとけて落ちるしずくで
火が消えてしまうという珍しい現象も。
あわててキャンドルの場所を移動しました。



まちづくりセンターの点灯は終わりましたが
シーニックdeナイト2021
このあと2/27(土)まで場所をかえて催されます。



このブログをご覧になって興味をお持ちの方は
公式サイトの最新情報などをご確認のうえ
やわらかなキャンドルのあかりをお楽しみください。

 

by くきさわ