3月12日(日)「はこだて検定合格者の会」主催 歴史講演会 現役所長が語る 「函館少年刑務所と函館の歴史」


「はこだて検定合格者の会」主催 歴史講演会
現役所長が語る 「函館少年刑務所と函館の歴史」

皆さんは、函館少年刑務所と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか。
今や函館の一流ブランドとなった「マル獄」シリーズの雑貨でしょうか?
あるいは、ここを舞台にした辻仁成の小説「海峡の光」、花輪和一のマンガ「刑務所の中」でしょうか?

函館少年刑務所の歴史は古く、明治2年、懲役場として開設し、函館の歴史とともに、幾度もの変遷を経て、現在に至っています。明治初期には、懲役場内で研究に没頭し、日本で2番目のマッチの製品化に成功した囚人もいました。昭和9年の函館大火では、多くの市民がここに逃げ込み、助かりました。

今回の講演会では、数々のユニークなエピソードを交えながら、函館少年刑務所の本島所長にその歴史を語っていただきます。めったにない機会です。どなたでもお気軽にご参加ください。

〇日時: 2017年3月12日(日) 13:00~14:30
〇会場: ふらっとDaimon (棒二森屋アネックス6階ホール)
市電「函館駅前」電停徒歩1分・棒二森屋駐車場2時間まで無料

〇講師: 函館少年刑務所所長 本島正幸氏
〇参加費: 100円(資料代込) 事前の予約は不要です(直接会場に)
〇問い合わせ: 安井(0138-55-9451)、北條(0138-32-8015)

〇主催: はこだて検定合格者の会
〇後援: 函館市教育委員会、函館商工会議所

*講演会当日、16日の刑務所参観(見学会)の受付を実施!
講演会当日、参加者のうち希望者について「函館少年刑務所参観」の申し込みを会場で受け付けます。
参観は3月16日(木)13:00~14:30(参加費無料)。電話での申し込みはできません。