しあわせになる
マウコピリカ音楽祭 in 函館Vol.Ⅹ
ピカタレラー南風ー

日時: 2018年9月22日(土)開場17:30 開演18:00
場所: 函館市地域交流まちづくリセンター
函館市末広町4-19
電話: 0138-22-9700
入場券: 前売800円(当日1,000円)
高校生以下無料

入場券取り扱い場所
・cafe Drip Drop(函館市地域交流まちづくりセンター内)
・サンリフレ レストラン ローカン 函館市大森町2ー14 電話: 0138-22‐6643

出演: アイヌアートプロジェクト
フンペシスターズ
ピリカモシリプロジェクトReRa(レラ)
AK

主催: 道南・アイヌ民族との連帯を考える市民の会
後援: 函館市、函館市教育委員会、函館アイヌ協会
連絡・問合せ先: 電話0138-22-6643(担当:川村)
メール: dounanainurentai*yahoo.co.jp
*を@にかえて、送信してください。

※本事業は、公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の国内文化交流助成事業です。


出演者プロフィール
♪アイヌアートプロジェクト
札幌を拠点に活動している芸術創造集団で2000年9月にアイヌ民族伝統の舟”イタ・オマ・チプ”(板綴り舟)の復元製作で出会った、先住民族の結城幸司・早坂賀道・福本昌二の3人で始まりました。現代に生きる若いアイヌ民族として、伝統を取り込みながらもその殻をやぶり、ネイティブロックとして登場し、バンド活動のほか、木彫り・版画・刺繍・着物製作などでアイヌ文化を表現・発信し続けています。今ではメンバーの家族や友人を含めて30人近くの大所帯になっています。アイヌ民族伝統の楽器であるトンコリやムックリにギター、ベース、パーカッション等を加えたユニークな演奏スタイルで、地元札幌のみならず、全国のコンサートやイベントなどにおいて活躍しています。

♪フンペシスターズ
2009年10月、旭川の「川村力子卜記念館祭り」出演のために結成しました。″フンペ″とはアイヌ語で鯨という意味で、フンペシスターズの名前の由来は体格からです。アイヌ民族の十勝の歌・踊りを世に広めるため活動しています。その他にもアイヌとして生きている現状を語ったり、文章を書いたり、昔話を
語ったりもしています。あえて鑑賞して頂きたい十八番の出し物をあげるとすれば、ノコロフンペ(イワシ鯨)は歌全般、ヤキフンペ(マッコウ鯨)は酒にまつわる歌でしょうか。呼んでいただければどこへでも♪ 活動状況は次のホームページをご参照ください。myspace.com/hunpesisters

♪ピリカモシリプロジェクトReRa(レラ)
2005年に函館で結成し、以来コンサートや各種イベント出演など主に道南を拠点に活動しています。メンパーは、作詞作曲と演奏を一手に担うギタリストの川村昌彦、ボーカルの川村早苗、 横山由香の3名。 アイヌ民族の魂に触れ、深く感銘を受けたメンパーたちは、 コンサート等を通してアイヌ文化をより
多くの人々に知ってもらいたいという思いで活動を続けています。 アイヌ語やアイヌ民謡に、エレキギター・シンセサイザー等を駆使した現代的なサウンドを融合し、全く新しい発想の楽曲をつくりあげています。