第1回 心喜ぶ、思いっきリアート展

~講演会&臨床美術ワークショップ~
「いてくれてありがとう」といえますか?

日時: 2019年9月23日(月/祝)10:00~ 12:00
(会場受付: 9:30~ )
会場: サン・リフレ函館
函館市大森町2-14
参加無料
定員: 100名(どなたでも参加できます)

講師: 関根一夫
埼玉県比企群小川町生まれ
日本大学文理学部哲学科卒業
Bible College of South Australia 卒業
日本大学大学院を修了。鹿沼キリスト教会牧師、
東京コンピユータ専門学校校長、
お茶の水クリスチャンセンター理事長代行、
日本臨床美術協会副理事長などを歴任

現在
東北福祉大学感性福祉研究所研究員
医療法人社団信悠会木村クリニック理事

ミッション・エイド・クリスチャン・フェロシップ牧師
臨床美術の創設時から認知症の患者や家族の心のケアの為に、ホームカウンセラーとして関わる
ウクレレと、落語とデジタルカメラを趣味とし犬好きな作詞家でもある。

人生100年時代に突入し、不安も多くなっている今、臨床美術の根底に流れる
人間観「いてくれてありがとうといえますか?」提唱者関根一夫氏の講演を聞
いて、心を開放し豊かな人生を生き抜くヒントにして欲しいと思っています。
講演後は、臨床美術のワークショップを開催します。どうぞ、ご参加ください。
お待ちしております。
心喜ぶ、思いっきりアート 代表/中村まゆみ

主催: 「心喜ぶ、思いっきりアート」臨床美術「ほっかいどう」

「臨床美術とは、絵やオブジェなどの作品を楽しみながら作ることによって脳を活性化させ、高齢者の介護予防や認知症の予防・症状改善、働く人のストレス緩和、子どもの感性教育などに効果が期待できる芸術療法(アートセラピー)のひとつです。」
※「臨床美術」「および「臨床美術土」は日本にお|する(株)芸術造形研究所の登録商標です。

今回のワークショップでは、オイルパステルを使ってアナログ表現する「いろいろな線と色で遊ぼう」を制作します。
上手下手は関係ありません。自由に前向きに取り組むことで、喜びを感じることができるでしよう。自分でも気が付かなかった、感性に驚きです。

主な予定(2019年7月~)
● 函館市女性センター/文化教養講座
初めての臨床美術体験 ①7月4日(木)スルメ②7月10日(水)土偶

● NPOまつり/函館市地域交流まちづくリセンター
7月28日(日)臨床美術 体験会

● 小さな作品展
(祈願!イカ豊漁・祈願!縄文遺跡群世界遺産登緑)
9月10日(火)~ 17日(火) 函館市地域交流まちづくリセンター

● 作品展
12月4日(水)~9日(月)nhk函館放送局ギャラリー彩

参加申し込み:  FAX(0138)65-8712
申込み・間合せ: 心喜ぶ、思いっきリアート 代表/中村まゆみ