移住セミナー「函館・道南で楽しく暮らすためのオンラインミーティング」開催しました(2021.8)


8月29日(日)に、移住サポートセンター主催事業
「函館・道南で楽しく暮らすためのオンラインミーティング」を開催いたしました。
移住のセミナーとしては、オンラインでの初の試みとなりました。

九州や関東、東北、北海道と日本全国から
30名弱の皆さまにご参加いただきました。
ありがとうございました。

3人のゲストをお迎えし、
函館や道南に移住・Uターンしたリアルな体験談、暮らしをご紹介いただきました。

浅見 尚資 さん (関東 → 木古内町 → 江差町)
 (一般社団法人 北海道江差観光みらい機構 事務局長)


かもめ島マリンピングをこの夏スタートさせ、多くの反響があったこと、
江差の中のかもめ島という資源の活かし方と地域との関わりについてお話しいただきました。
かもめ島マリンピングは、10月24日までです。たくさんの体験プログラムが準備されています。
完全予約制ですので、ご予約はお早めに!!

中津 歩弓 さん (名古屋市 → 七飯町 → 東京 → 福岡県大刀洗町)
 (福岡県大刀洗町地域おこし協力隊 地域ブランドデザイナー)
七飯町で地域おこし協力隊として、活動していた時に、まちづくりセンターの移住のフォーラムにご参加いただきました。
そのご縁で、今は福岡県の大刀洗(たちあらい)町で地域おこし協力隊として、活動している、チャレンジしていることをお話しいただきました。
地域資源(地元の人や特産品など)をデザイナーとして、見える化にしたことに加え、地元の人や資源が主役になって、参加された方の笑顔がこちらに伝わってきました。

地元資源の活かし方などを地元の人と話し、協力して進めていること、
クラウドファンディングに挑戦していることもお知らせいただきました。

「大刀洗町にエールを!農作物ロス品を活用して町を盛り上げたい!」
クラウドファンディングにご協力を!!!

 

中村 拓也 さん (函館市 → 関東 → 函館市)
 (株式会社 函館ラボラトリ コワーキングスペース「MIRAI BASE」プログラミング・工作教室 「Bラボ」担当」)

ゲスト3人のお話は、単なる体験談にとどまらず、地域での活動の意義や重要性、
そして多様な地域を理解し合うことなど、皆さまにとっても多くの学びを
得ていただけたものと感じております。

地域で活動する際に大事にしているものとして、
地元の人と自然、そこにあるもの、地元の人を主人公とした関係性、お互いをよく知り、
地元の資源を活かした活動が紹介されました。

司会進行役はセンター長 丸藤が務めました。

質疑応答では、
北海道での暮らし、特に冬、例えば服装、歩き方、移動手段、楽しみ方や、
北海道新幹線開業に伴う函館空港へのアクセス
地域おこし協力隊についてなど、
ゲストが体験したこと、感じたことを共有いたしました。


今後も皆さまに、とりまして有意義な企画、
楽しいイベントをお届けできるよう努めて参ります。

改めまして、ご参加いただいた皆さま、ゲストの皆さま、
どうもありがとうございました。

引き続き函館の移住定住ワンストップ窓口
移住サポートセンターでは
函館への移住を検討されている方のご相談に応じております。
お気軽にお問い合わせください。

移住サポートセンター(函館市地域交流まちづくりセンター内)
電話 0138-22-9700

はこだて暮らしコンシェルジュ谷口の紹介ページはこちらです。

 

by  たにぐち