【オンライン】NPO支援財団研究会2021・WEBシンポジウム「秋の助成金応募シーズン到来。プログラムの狙いを理解して提案力を高めよう!」


 NPO支援財団研究会は、NPOと助成財団のよりよいパートナーシップ構築に向けて、全国でシンポジウムを開催してきました。

 秋(9月~12月)は、来年度に向けて、多くの助成財団が助成金を公募する時期となります。NPO側としては、助成財団とのパートナーシップを発展させるために、最適の助成プログラムを見つけ出し、よりよい企画を提案したいところです。同時に、助成財団としても、助成プログラムの趣旨を的確に理解してもらい、より質の高い応募をしていただき、よりよいパートナーシップを築いていければと願っています。

 そこで、今回は、秋募集の財団の助成プログラムを紹介するとともに、その狙いや期待するポイントをしっかりお伝えし、NPOの皆様の企画の一助になればと考えています。

 2021年度の各助成財団のプログラムが担当者から直に聞ける機会です。ぜひご参加ください!


NPO支援財団研究会2021 WEBシンポジウム
秋の助成金応募シーズン到来。プログラムの狙いを理解して提案力を高めよう!

日 時
2021年9月10日(金) 14:00~17:30

開催場所
オンライン(ZOOM開催:申込者にURLを送信します)

定 員
200 名 → 300 名 

参加費
無 料

参加対象
NPOやNPO法人、ボランティア団体、各地のNPO中間支援団体及び助成財団・団体、企業、自治体関係者、企業のCSR関係者 等

プログラム ※詳細は決定次第、随時更新していきます。

  • 開会挨拶(コロナ禍での研究会の状況とイベント開催の趣旨)
    田中 晧(NPO支援財団研究会代表/助成財団センター代表理事・専務理事)
  • 第一部
    基調講演「パートナーシップ構築のキモ~助成プログラムの狙いを踏まえて、企画をどう立てるのがいいのか」
    松原 明(シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 元代表理事)
  • 第二部
    「各財団のこの秋の助成プログラム紹介」
    参加各財団 / 司会:松原 明
  • 第三部
    「助成事例にみる財団の期待するポイント」
    • 《キリン福祉財団×あんぜんKICHI》
      「親のがんを知らされた子どもをサポートする人材の育成」

    • 《トヨタ財団×特定非営利活動法人きょうとNPOセンター》
      「『あなたも“福”業してみませんか』副業解禁-福業の可能性を拓く」

    • 《日本郵便×特定非営利活動法人愛岐トンネル群保存再生委員会》
      「日本一の近代化産業遺産に命を吹き込む市民活動~鉄道観光資源としてよみがえれ!愛岐トンネル群」
      司会:渡辺 元(立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 客員教授)

  • 質疑応答
  • 閉会挨拶

申込方法
Peatix申込ページより ▶ https://20210910nposympo.peatix.com/

出席財団 (予定、50音順)
キリン福祉財団、助成財団センター、SOMPO環境財団、SOMPO福祉財団、中央共同募金会、電通育英会、トヨタ財団、日本財団、日本郵便、福祉医療機構(WAM)、三菱財団、読売光と愛の事業団

主 催
NPO支援財団研究会(事務局:公益財団法人助成財団センター)

WEBシンポジウムについて詳しくは、ホームページからご確認ください。
【オンライン開催・無料】NPO支援財団研究会 2021 WEBシンポジウム「秋の助成金応募シーズン到来。プログラムの狙いを理解して提案力を高めよう! 」