6月23日(日)
Gスクエアにおいて行われた
     ”現代の長屋”
 コレクティブハウスから考える、
人生100年時代の多縁な暮らしとは?

にまちセンスタッフが参加してきました。

私は、はこまち通信 vol.47
茅森の『まちセン発、函館パワスポ計画!』
でもふれた内容に、近いと思ったため
行ってみた!という感じです。
(↑上の青い文字をクリックすると
はこまち通信のページにうつります。)

・コレクティブハウスとシェアハウスの違い
 →コレクティブハウスは、個人個人の
  生活の延長に共同スペースがある。
・日本初のコレクティブハウス
 「かんかん森」の生活について
 →色々な地区の人たちが集まるため、
  子どもたちが様々な文化に触れる
  機会が多くなる。

  共有のスペースに全ての家庭で使う
  家電などがあるため、
  自分たちの部屋の物が少なくてすむ。

・新たな暮らし方
 →今までは、多数の個人が様々な価値観で、
  多量に消費することが社会の成長に
  つながる時代でした。
  しかし、これからは新たな価値観へ
  変わる時期であり、住まいの形は
  社会に対して閉鎖的にならない
  「共住」できる場が必要とのことでした。

 

今回、まちセンスタッフが参加した
イベントはこの1回だけではなく、
今後も開催されるとのことでした。
まちセンにもチラシや情報が入りましたら
随時、皆さまに情報をお伝えします。

 

これからも人々の暮らし方は
その家庭ごとに様々な事情が多様な形で
からみあうことだと思います。

自分らしい暮らしを実現するために
函館にも、こういった住まいの形があると
選択の幅が広がり、良いのかもしれませんね。

by かやもり