突然ですが、みなさんは『国際信号旗』をご存知ですか?

海上で、世界中の船同士が
情報をやりとりするための『旗の信号』です。
26個のアルファベット、10個の数字など
全部で40種の旗があり、船に旗を掲揚することで

「医師の派遣を求める」
「至急救援を求める」など

世界共通の意味があるのだそうです。

まちづくりセンター屋上、クーポラ脇にも
『国際信号旗』を掲揚しました。



かつてジブリの映画にも登場したことがあるので
見たことがある!
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。



この旗、上がアルファベットの『U』
下が『W』をあらわしており

『UW』
(貴船の)航海の安全を祈る』という意味だそうです。

この活動は、函館の市民活動団体
『よみがえる箱館丸の会』のみなさんが

地域の方々に海への関心を持っていただくため
観光客のみなさんにも喜んでいただけるよう
7月の『海の日』にあわせ、市内各所で実施しているものです。

2020年は7月23日(木)~7月26日(日)までの
4日間の予定で
まちづくりセンターも協力しております。

函館山の麓、西部地区にお越しの際はぜひ
まちセン屋上の『国際信号旗』を探してみてください。



海の安全、航海の無事を願って…
海のまち、函館ならではの「おもてなし」ですね。

なお、手のひらサイズの『国際信号旗』は
まちセン1階インフォメーションにて通年掲示しております。
お越しの際はどうぞご注目を。



by くきさわ