「遊牧世界」を見てみよう


まちセン1階で開催中の写真展「遊牧世界へ 2018」

モンゴルの自然や動物、子どもたちの姿が

生き生きとした写真に収められています。

 

撮影者の西村幹也さんは、

モンゴルとその周辺の生活文化を日本に伝える活動をしている

NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ」の

理事長をされています。

凍てつく大地も

花咲く季節も

可愛いハリネズミも

躍動感あふれるモンゴル相撲も。

日本ではなじみの少ない光景に見入ってしまいます。

 

17日(土)・18日(日)は、西村さんが会場にいらっしゃいますので

ご質問もお気軽にどうぞ。

また両日とも15:00から西村さんのギャラリートーク(30分程度)も

行われますので、お楽しみに。

 

また、少し先になりますが2019年4月1日(月)~6日(土)には

写真展示と刺繍作品展示「カザフの世界」が

まちセンで開催されます。

4月1日の14:00と4月6日の10:00からは、カザフ民族の親子による

ミニコンサート(15分程度、入場無料)もあります。

 

写真展「遊牧世界へ 2018」

11月12日(月)~20日(火)

まちづくりセンター1階

22日(木)まで開催中の「祭りと神楽 写真展」

ご一緒にどうぞお楽しみください。

 

By 中川